お知らせ

お役立ち情報

大祓式につきまして

12月31日20時より大祓式(おおはらいしき)を斎行いたします。

unnamed

大祓式とは常に清らかに日々を過ごせる様に半年に1度、無意識のうちに人や自然を傷つけてしまった罪や、元気をなくしてしまう物事である気枯れ(けがれ)を人形(ひとがた)に託し、祓い清める行事です。
当日まで境内にてお祓いの人形を授与しております。
皆様には心身を清め、新しき年をお迎え下さい。

 

※人形の授与は8時より17時までとなっております。

ページ上部へ

12月御祈祷予定の皆様

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、以下ご確認願います。
鳥取県東部地域において、感染状況が非常に悪化した際は、全ての御祈祷に対して下記の人数制限を致します。
また、当日の混雑状況しだいで以下の対応をとらせていただきます。
ご了承ください。

※初宮詣、七五三詣では、ご昇殿いただく方はお祝いのお子様及びご両親のみとし、その他お付き添いの方はご遠慮いただく場合がございます。

※交通安全祈願をはじめとするその他の祈願は、祈願主様のみのご昇殿とさせていただきます。

※御祈願中にもマスクを着用していただけます。

※諸症状のある場合、ご参拝を見合わせていただくようにお願い申し上げます。

 

ご祈願について

◎12月の御祈願受付制限のある日時◎

12/10(土) 9時~14時 受付可能 ※14時00分~16時00分まで受付できません

12/18(日) 9時~11時30分、12時30分~16時 受付可能 ※11時30分~12時30分まで受付できません

12/27(火) 9時~13時30分 受付可能 ※13時30分~16時まで受付できません

 

上記以外のお日にちは午前9時~午後4時まで受付しております。

なお予約を取っていただく必要はございません。

下記のご祈祷カレンダーもあわせご参照下さい。

https://www.ubejinja.or.jp/new-kitou/calendar/

 

宇倍神社

ページ上部へ

七五三詣について(第2報)

本来、七五三の日は11月15日とされており、毎年11月上旬頃を中心に多くのご参拝をいただいております。

しかしながら、新型コロナウイルス感染症の影響により、近年分散傾向にあります。

 

それに伴い下記のように対応致しておりますのでご確認願います

※すでに千歳飴等の準備を整えており、時期を選ばずご対応させていただきます。

※祈願中にマスクを着用願います。

※諸症状のある場合はご参拝を見合わせていただくようお願いします。

※混雑した際、ご昇殿いただく方は、お祝いのお子様及びご両親のみとし、その他お付き添いの方はご遠慮いただく場合がございます。

※状況によって、1回の御祈祷でご案内する人数を制限させていただきます。

 

受付について

例年よりお待ちいただくお時間が長くなる場合がございます。

特に以下の日時は混雑が予想されますので、ご参照の上お参り下さい。

9月11日(日) 10:00~11:30

10月10日(月) 10:00~11:30

10月16日(日) 10:00~11:30

10月22日(土) 10:30~11:30

11月3日(木) 10:30~11:30 祝日

11月13日(日) 10:00~12:00

11月19日(土) 10:30~11:30

ご予約は承っておりませんので、ご準備を整えられた上で、受付にお越しいただくようお願い申し上げます。

受付時間については以下のご祈祷カレンダーをご参照の上お参り下さい。

https://www.ubejinja.or.jp/new-kitou/calendar/

 

満年齢・数え年のどちらでもお参りできます。

祝い歳 満年齢 数え年
3歳 男女 平成31年

令和元年

令和2年
5歳 男子 平成29年 平成30年
7歳 女子 平成27年 平成28年

 

宇倍神社

 

ページ上部へ

七夕祭


7月7日(木)16時~ 【七夕祭】  執り行います。


 

77日の七夕の夜、おりひめひこぼし「再会」という願いを叶えます。

人々は「二人のように願い事が叶いますように」と願い事を短冊に書いて笹の葉に飾ります。

 

 

「たなばた」の言葉の由来は、棚機(たなはた)と言われ、「棚幡」とも書きます。これは棚機津女(たなばたつめ)と呼ばれる乙女が着物を織り、それを棚に供えて幡を立て、祖霊に秋の豊作を祈る日本古来の神事からきているものだと言われています。

また「笹の葉」に飾ることにも謂れがあり、笹は真っ直ぐ伸びることから生命力や力強さを感じさせ、その葉が擦れ合うことで奏でられる爽やかな音は、「神様を招く」と考えられています。

 

ページ上部へ

古札納め所について

古い御神札、御守り 等を納めて頂く際に全て点検・選別して頂き、

御守り・神矢・御神札類及び正月飾りのみお預かり致します。

神社関係以外のもの・燃えないもの・有毒物質の発生の恐れのあるもの(プラスチック製品 等)包装紙

は、その場でお持ち帰り頂いております。

また、正月飾りの橙・みかん・餅・袋は取り除いてから納めて頂きますよう、ご協力お願致します。

 

【納められるもの】

・神社から受けられたもの

・お札

・お守り

・縁起物

 

【納められないもの】

・だるま

・神社以外の御札

・仏具

・おもち、もちパック

・ビニール袋

・プラスチック、陶器の飾り

・写真

・年賀状、葉書

・食品

・新聞紙、本

 

 

宇倍神社

 

 

ページ上部へ
トップへ戻る