重要なお知らせ

●お知らせ2017.2.2(10時30分更新)
平成29年御幸祭のご案内

ご祈祷の案内

神様のご加護

ご祈祷とは、日々の営みに感謝し、神さまの更なるご加護をいただけるよう願う儀式です。人生の通過儀礼や年中行事に関わりのあることなど、実に多種多様であり、個人の事情に応じても異なってまいります。 祈祷を受ける際の心構えとしては、真心をこめて祈ることが大切です。

主な御祈祷

主なご祈祷

主な御祈祷とその意味

丁酉(ひのととり)のご案内

【平成29年度】厄年・八方塞がり・お祝い年の早見表

厄年

厄年とは

  前厄 本厄 後厄
平成6年生まれ(24歳) 平成5年生まれ(25歳) 平成4年生まれ(26歳)
昭和52年生まれ(41歳) 昭和51年生まれ(42歳) 昭和50年生まれ(43歳)
平成12年生まれ(18歳) 平成11年生まれ(19歳) 平成10年生まれ(20歳)
昭和61年生まれ(32歳) 昭和60年生まれ(33歳) 昭和59年生まれ(34歳)
昭和52年生まれ(41歳) 昭和51年生まれ(42歳) 昭和50年生まれ(43歳)

☆女性の本厄を42歳とするのは、この地域のならわしです。

方除け(八方塞がりの年)

方除けとは



平成2年生まれ(28歳) 昭和56年生まれ(37歳) 昭和47年生まれ(46歳)
昭和38年生まれ(55歳) 昭和29年生まれ(64歳) 昭和20年生まれ(73歳)

お祝いの年



【還暦】昭和32年生まれ(61歳) 【古稀】昭和23年生まれ(70歳) 【喜寿】昭和16年生まれ(77歳)
【傘寿】昭和13年生まれ(80歳) 【米寿】昭和5年生まれ(88歳) 【卒寿】昭和3年生まれ(90歳)

ご案内

お申込・
ご予約について
個人の方のご予約は必要ございません。神社ご祈祷受付に直接お越しください。但し、行事や結婚式のある場合、30分余りはお待ちいただく事があります。ご祈祷を承ることのできる日時は、ご祈祷カレンダーで確認することができます。目安としてご利用下さい。

御祈祷カレンダーを見る

受付時間 午前9時より午後4時まで
所要時間 約15分
※なお行事や結婚式のある場合は、この間お待ち頂くことになりますのでご了承ください。
金額について お気持ちで納めて頂きます。
封筒にお包みいただき、お持ちください。
封筒の書き方 表に「初穂料」または「玉串料」と書き、その下にお名前をご記入ください。
封筒の書き方

よくあるご質問・お問合せ

よくある質問と回答

日頃よくいただくご質問と回答を掲載しております。ご参考にしていただければ幸いです。

ご祈祷の予約方法・受付時間を教えてください。
個人の方のご予約は必要ございません。神社ご祈祷受付に直接お越しください。但し、行事や結婚式のある場合、30分余 […]
ご祈祷料の熨斗袋(のしぶくろ)の表書きはどう書けばいいか教えてください。
表に「初穂料」または「玉串料」と書き、その下にお名前をご記入ください。 「初穂料」「玉串料」どちらもあくまで「 […]
服装に決まりはありますか?
特にはありませんが、神様に対して失礼のないような服装を選ばれるべきでしょう。ジーパン、裸足で神社へ昇殿されるの […]
ご祈祷中のマナーについて教えてください。
特にはありませんが、心を静めて穏やかな気持ちで祈りましょう。なお、ご祈祷は大事な神事ですので、ビデオや写真の撮 […]
ご祈祷を受ける際の作法について
神社でご祈祷を受けるときの作法には「立礼(りゅうれい)」と「座礼(ざれい)」があります。立礼の場合には、祈願者 […]
玉串について教えてください。
神事において神職や参拝者が神前に捧げるものです。主に、榊(さかき)の枝で、紙垂(しで)や木綿(ゆう)をつけてい […]
玉串の捧げ方について教えてください。
1,神職から手渡された玉串を右手で根本を上から持ち、左手で榊(さかき)の中程を下から支え、胸の高さに捧げ持ちま […]
数え年(かぞえどし)とは何ですか?
生まれた時を1歳とし、正月を迎えるたびに年齢を1歳ずつ重ねていきます。12月31日に生まれれば、出生時に1歳で […]

ご相談・お問い合せ

ご祈祷に関するご質問・ご相談を電話・インターネットで承っています。お気軽にお問合せください。

●お電話でのお問合せ
0857-22-5025 お問合せ窓口時間:9:00~17:00
●インターネットでのお問合せ
御祈祷専用ご相談・お問合せフォーム
トップへ戻る